選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
  • <table id="6ukg4"></table>
    <center id="6ukg4"><u id="6ukg4"></u></center><samp id="6ukg4"></samp>
    <menu id="6ukg4"><nav id="6ukg4"></nav></menu>
    <nav id="6ukg4"></nav>
    <small id="6ukg4"><bdo id="6ukg4"></bdo></small>
  • <menu id="6ukg4"></menu>
  • <button id="6ukg4"><optgroup id="6ukg4"></optgroup></button>

    日本新薬グループ マテリアリティ(重要課題)

    サステナビリティの実現を目指す上で、重要と考える事項を19のマテリアリティ項目として特定しました。これらは価値創造、環境、社会、ガバナンスの各領域において日本新薬が社会やステークホルダーに対して果たすべきミッションを見定め、また、社会変化がもたらすリスクや機会を考慮して策定したものです。

    マテリアリティ特定プロセス

    日本新薬グループのマテリアリティ特定においては、中長期的な視点における課題認識からのアプローチを採用し、下記のようなプロセスで特定しました。これらは、社会変化やステークホルダーから当社への期待の変化に応じて最新化を図ります。

    【プロセス1】課題の抽出

    以下2つの切り口より日本新薬の課題を洗い出しました。

    • ISO26000、GRIスタンダード、SDGsなどの国際的なガイドライン?基準を参照することにより導出
       される課題
    • 社会情勢?市場環境?自社状況の分析により導出された、事業を推進する上での“リスクと機会”から
       考えられる課題

    【プロセス2】課題の重要性評価

    洗い出した課題をステークホルダー視点(各ステークホルダーの活動への影響度?優先度)と自社視点(事業戦略などに係る影響度?優先度)の2軸で評価の上でマッピングを実施、重要性評価の上でマテリアリティを定義しました。

    課題の重要性評価

    【プロセス3】計画立案?承認

    設定したマテリアリティに対して、各課題を推進する関連部門が中心となり、定量?定性目標ならびに目標達成に向けた推進計画を設定しました。 設定した目標?計画はCSR委員会におけるレビューを実施の上で、取締役会における承認を受けました。目標と計画については、同委員会において定期的に実施状況を検証し、必要に応じて取り組みの改善を実施しています。

    日本新薬グループ マテリアリティ

    CSR

    ピックアップ

    デュシェンヌ型筋ジストロフィー
    デュシェンヌ型筋ジストロフィーに関する情報をわかりやすく紹介しています。
    肺高血圧症サポート
    肺高血圧症の患者さんの治療と明るい未来をサポートします。
    知ってる?強皮症の合併症 息切れとPH
    強皮症と強皮症に伴って発症する肺高血圧の情報サイトです。
    アルコール依存症治療ナビ
    アルコール依存症の治療に対する理解を深めることができる情報サイトです。
    おしえて生理痛
    つらい生理痛から開放されたいあなたを応援します。
    EDケア サポート
    EDの理解から治療に関する情報と、ED治療薬の適正使用まで
    おはなのおなやみ
    花粉症とアレルギー性鼻炎の情報サイト

    この画面を印刷する

    日韩人妻无码一区二区三区_最新国自产拍在线播放_色综合天天无码网站_亚洲小说图片