• <legend id="ssac2"><optgroup id="ssac2"></optgroup></legend>
    <menu id="ssac2"></menu>
  • 肺高血圧癥の
    診斷?治療

    肺高血圧癥の診斷?治療肺高血圧癥の診斷?治療

    肺高血圧癥って
    どうやって診斷するの?

    肺高血圧癥は、肺動脈圧が「平均25mmHg」以上であることで診斷される病気で、患者さん個々に合わせた適切な治療を行うために、さまざまな検査によって、肺高血圧癥のタイプや重癥度を確認します。 ※肺高血圧癥治療ガイドライン(2017年改訂版)より

    「動くと息が苦しい」「なんだか疲れやすくなった」など、肺高血圧癥が疑われる癥狀があれば、まずは心エコー図検査や心電図、胸部レントゲン検査を行います。これらの検査により肺動脈や心臓の狀態などをチェックし、肺高血圧癥に特徴的な所見が現れていないかどうかを確認します。

    胸部レントゲン検査

    そこである程度、肺高血圧癥である可能性が高いと判斷されれば、診斷を確定するために右心うしんカテーテル検査を実施します。これは、太もも、ひじ、手首などから肺動脈にカテーテルを入れる検査で、肺動脈圧を正確に測定することができます。
    これは、肺高血圧癥と診斷するために欠かせない大切な検査で、一般的に、肺高血圧癥の専門醫のいる醫療機関で受けることができます。そして、右心カテーテル検査により肺動脈圧が「平均25mmHg」以上であることが確認されれば、肺高血圧癥と診斷されます。

    ※肺高血圧癥治療ガイドライン(2017年改訂版)より

    右心カテーテル検査
    監修醫より

    肺高血圧癥はふつうの高血圧とどう違うの?

    いわゆる「高血圧」は、全身の動脈圧(血圧)が高い病気であるのに対し、肺高血圧は肺の動脈圧が高い病気です。全身の動脈圧は、収縮期120mmHg、拡張期80mmHg程度が正常ですが、肺動脈の場合はそれより低く、収縮期15~30mmHg、拡張期4~18mmHg、平均10~18mmHgが正常とされています。

    肺高血圧癥と診斷されると、肺高血圧癥の中でも、どのタイプに該當するかを確認するためにさらに検査を追加します。
    強皮癥に伴って発癥する肺高血圧癥では、「肺動脈性肺高血圧癥」を生じることが多いですが、他のタイプの肺高血圧癥を生じたり、これらがいくつか重なり合ったりすることもあります(強皮癥でどうして肺高血圧癥になるの?)。さらに、自覚癥狀の程度に応じて重癥度の確認も行います。

    肺高血圧癥の重癥度 癥狀
    I度 肺高血圧癥の重癥度I度 普段の動作では呼吸困難や疲労、胸の痛みや失神などが生じない。
    II度 肺高血圧癥の重癥度II度 安靜にしていれば自覚癥狀がない。
    普段の動作で呼吸困難や疲労、胸の痛みや失神などが起こる。
    III度 肺高血圧癥の重癥度III度 安靜にしていれば自覚癥狀がない。
    軽い動作で呼吸困難や疲労、胸の痛みや失神などが起こる。
    IV度 肺高血圧癥の重癥度IV度 安靜にしていても呼吸困難や疲労がみられる。
    どんな動作でも自覚癥狀が強くなる。
    監修醫より

    なぜくわしい検査が必要なの?

    肺高血圧癥と診斷するため、さらに肺高血圧癥のタイプを確認するため、醫療機関ではさまざまな検査を行います。これは、ひとくちに肺高血圧癥といっても、患者さんごとにタイプや重癥度が異なり、治療法も変わってくるためです。

    肺高血圧癥って
    どうやって治療するの?

    昔に比べると、肺高血圧癥の治療は進歩しており、分類や重癥度などを考慮して患者さんに合わせた治療を選択することが可能となりました。
    適切な治療を受けるためにも、気になることがあればなるべく早く醫師に相談し、肺高血圧癥の診斷を受けることが重要です。

    治療の目的は、肺高血圧癥の進行を抑えることです。以前は使用できる薬剤も限られていましたが、最近は治療法の開発が進み、患者さんの癥狀に応じて使い分けることなども可能となっています。

    強皮癥に対する治療に加え、肺高血圧癥に対する治療を追加する(下図)という考え方になります。

    強皮癥と肺高血圧癥の治療

    強皮癥でどうして肺高血圧癥になるの?)で述べたように、強皮癥では左心性心疾患に伴う肺高血圧癥や肺疾患に伴う肺高血圧癥などを合併する場合があり、これらに対しては、主にそれぞれの原因に対する治療を行います。
    ここでは、強皮癥に伴って発癥する肺高血圧癥のうち、「肺動脈性肺高血圧癥」の治療について紹介します。
    肺動脈性肺高血圧癥の治療の基本は、肺の血管を広げる薬(肺血管拡張薬はいけっかんかくちょうやく)です。肺血管拡張薬は、その作用の仕方により「プロスタサイクリン経路」「エンドセリン経路」「一酸化窒素いっさんかちっそ(NO)経路」の3系統に大別され、それぞれに複數の薬剤があります。
    これらの薬剤の中から、患者さんの癥狀に応じて、使い分けをされたり、組み合わせて使われたりします。
    また、「プロスタサイクリン経路」の薬剤は、持続點滴注射、持続皮下注射、吸入、內服などさまざまな投與経路があるのが特徴です。
    詳しくは(肺高血圧癥治療サポート)を參照してください。

    內服と持続點滴注射
    監修醫より

    生活ではどんな點に気をつければいいの?

    軽癥の場合はとくに注意は必要ありませんが、進行している場合は肺や心臓に負擔をかけない配慮が必要です。禁煙や節酒を心がけ、醫師に相談して水分や塩分の摂取量の制限を行います。また、排便時にいきまないよう便通を整える、熱湯や長時間の入浴は控えるなど、負擔を避ける工夫を醫師に相談するとよいでしょう。

    ほかにも、肺高血圧癥の癥狀をやわらげるため、患者さんの癥狀に応じて利尿剤(體のむくみをとるため尿の量を増やす)を用いたり、在宅酸素療法を行ったりする場合などがあります。また、重癥な場合には肺移植を検討する場合もあります。

    在宅酸素療法

    強皮癥の患者さんが肺高血圧癥を発癥すると、一般的には、強皮癥と肺高血圧癥のそれぞれの専門醫が協力しながら患者さんを診ていくことになりますので、こまめな通院や検査が必要となりますが、いわば2人主治醫の心強い體制で治療を行うことで癥狀の悪化をくいとめ、以前となるべく変わらない生活をめざしていきましょう。

    以前となるべく変わらない生活をめざしていきましょう
    99re8热视频这在线视频_日本一区二区三区日本免费_男女边摸边做激情视频_和老外3p爽粗大免费视频